人付き合いに悩む人のための手引き

女性の同僚との良好な関係性を作るためのコツを伝授します!

女性の同僚から好かれる方法


裏で味方意識を作る

女性のおおい職場では、あっちにもこっちにも気を使わなければなりませんよね。明らかな仲良しを一人作っておくと、自分の居場所を確保しやすいですが、そこまで行くには、まず、自分に合う人を見つけ、仲良くなるためのアプローチをしなければなりません。
またそういう相手ができても、周囲との関係は守っていかなくてはいけませんよね。
ココで大切なのは、「この人は味方」と感じさせること。
他の人もほとんどの人が、女性の職場でよい関係性を保ちたいと思っているはず。ならば、こちらから信号を発信し、私はあなたの味方ですよ、というサインを出してあげることが大切です。
ただ、あまり仲良くなりすぎたくない人には、味方アピールのほかに、仲良しがすでにいるアピールも入れておかないと、近づいてきてしまうかもしれないので、注意です。
具体例で言うと、「私も同じこと思ってた!○○さん(仲良しの人)とよく話すんだけど」のように、相手と同調して、でも、すでに仲良しがいるという言い方をすると良いかもしれません。
味方アピールを表だってすると、あの人はただの八方美人となってしまう可能性もあるので、裏でさりげなくするのがポイントですよ。

相手を否定しない

女性にとって、同調はとても重要なこと。そこが男性とは違いますよね。
男性は反論を言い合うのを楽しむことがありますが、女性は言い合いしてるようでも、どこかで必ず同調している前提があります。
本気で反対意見を言うと、その人に同調していた集団からも嫌われる可能性があるので注意。
どんなに相手が間違ったことを言っていても、まずは肯定しましょう。肯定しづらいときは「そうか、そういう考え方もあったんだね」と考え方は違うけど、あなたの意見を受け入れていますという印象で答えると角が立たずにすみます。

面相くさい、とそう思った方。でも、この面倒を怠ったがゆえに、より大きくて長い面倒に引き込まれてしまうかもしれませんよ!
否定からは何も生まれません。まずは肯定して、相手との関係ができてから、さりげなく反対意見をつたえるのが女性の同僚とうまくやっていくコツです!

助け合う

女性は世話好きな人がおおいですよね。個人主義そうな人でも、実は頼られることが嫌いではない人も案外おおいものです。
そこで、「頼る」というスキルを身に着けましょう。
「頼ると嫌がられるのでは?」と思っても、頼ってみてください。そして、助けてくれたら、ちゃんとお礼を言って、感謝の気持ちを伝えてください。この感謝が相手に伝わるのがポイントです。
感謝されて嫌な気分になる人はいないのではないでしょうか?
そして、頼ることができたら、助けることもしましょう。ほんの些細なことでいいんですよ。
通常、急に助けられると、微妙な空気になることもあります。でも、感謝されたことのある相手になら心の距離はもっと近づけることがおおいのです。
このとき、相手が「ありがとう」と言ってくれたら、うまくいったもんです。「お互い様だよ」と返せれば、よい関係性が築けるでしょう。
ただし、頼り過ぎると、本気で面倒に思われるので注意してくださいね!

よく読まれている記事

看護師の悩み「女性上司のヒステリーにめげる」「ダメ後輩のせいで怒られる」「男性との出会いがほしい!」などなど、看護師社会ならではの悩みがいろいろ。みんなのところもこんなことってありますか?
女性の職場の悩み、ちょっと怖いけど、のぞいてみませんか?

女性の上司から好かれる方法女性の職場で平穏無事に過ごすために、絶対におさえておきたい女性の上司に好かれる方法をまとめています。女性社会は同調するもの。その上に立つ女性上司の影響ははかりしれません。そんな上司と上手く付き合う方法をチェック!

男子が女に求めること男になんか媚びたくない!という方も、媚びるのではなく、転がすんです。男子がどんな女子を好きなのかを知っていれば、理想の男子が現れたとき、どんな対応をとればいいかがわかります! チャンスを逃さないためのポイントを確認してくださいね。